社会人野球のケガ予防
社会人野球をやっているのですが
肩のケガに悩まされることが頻繁にあります。
チームの仲間にも同じ悩みが多いです。
何かケガ予防に効果的な方法はありませんか?
ケガや不調をキッカケとしたお問い合わせは非常に多いですね。ケガをする手前、ちょっとした違和感を覚えた時点で治療を行うことによって、効果的なケガ予防が可能です。しかし、そもそも皆さんは自分本来の健康な状態、正常な関節の状態をご存知ですか? それが分かっていないと、ケガの前に異変に気づくことは難しいでしょうね。
確かに痛みや不調には気づいても
正常な状態を意識したことはなかったです!
そうでしょう。関節が正常な状態かどうかは、セルフチェックでも知ることができますし、当ルームの特徴である「0-リングテスト」で検査をすれば、より正確に把握することが可能です。1ヶ月に1度、いい状態を確認することによって、体が発する小さなサインを見逃さなくなりますし、故障しても早い段階で治すことができるようになりますよ。
セルフボディチェック
日常的なセルフチェック&1ヶ月に1度の検査が効果的です。
O-リングテストで関節の状態をチェックし、
ケガをしにくい体づくりに取り組みましょう。
限られた練習時間で結果を残したい!
空手を始めて15年になる30歳男です。
大会で結果を残したいので
仕事の合間の限られた練習時間で
できる限り高いパフォーマンスを発揮したいです!
アドバイスお願いします! 押忍!
週末しか時間がないという社会人の方は多いですが、最低でも週に2~3回は体を動かす機会を持ってください。特定のスポーツでパフォーマンスを発揮するためには、ベースの体力を築き、その上でさらに専門的なトレーニングを行う必要があります。そのベース体力をつくるのが、1日5000歩の歩行です。週に3回程度、1回40~50分の歩行を行うことによって、専門的なトレーニングで負荷をかけても壊れにくい体ができるんです。ちなみに、定期的にマッサージを受けているという方も多いと思いますが、マッサージが気持ちいいというのは、実は関節が弛み、体が鈍感になってしまっていてダメージが蓄積された状態なんですよ。
それは衝撃です!
普通にマッサージに通ってました…。
どうしたらいいんでしょうか!?
関節が弛んだまま体を動かし続けると、パフォーマンス向上どころか思わぬケガを誘発することにもつながります。そして、全身の関節の中でもっとも重要な関節は、仙腸関節、いわゆる骨盤です。プロのアスリートの中にも仙腸関節が弛んでいて、偏った使い方をしている人はとても多いんですよ。骨盤を正常な状態に整えておくことによって、眠りが深くなり、疲れにくくなることで、パフォーマンスも向上していきますよ
ワンポイントアドバイス

革靴やヒールのパンプスをスニーカーに変える
※難しい場合は、革靴に見えるウォーキングシューズなどを活用

通勤や外回りの際に1駅手前で降りて、
歩行の機会を増やす

床にあぐらをかくのをやめ、

椅子に正しい姿勢で座るよう心がける

社会人スポーツマンの皆さんが抱える
さまざまな悩みに対応できるのは
天神整骨院プロデュースの関節ケア専門サロン
メディカル・ボディケア・熊本だからこそ。
がんばるスポーツマンの伴走者として
ケガ予防&パフォーマンス向上のため
きめ細やかなサポートを行っています。
メディカル・ボディケア・熊本では、全身の関節のコンディションを詳細にチェックできるO-リングテストと丁寧なカウンセリングを組み合わせ、ケガをしにくい体をつくる生活習慣アドバイス、無理なくその人に合ったトレーニングプログラムのサポートを行っています。まずはお気軽にご相談ください。
※上記に加え、初回カウンセリング代(1,000円+税)、機能テーピング代(実費、1部位につき100~200円程度)が必要となります。

スポーツマンのコンディショニングや怪我防止など
メディカル・ボディケア・熊本におまかせください!

Copyright (C) 天神整骨院All Right Reserved.